株式会社トマス技術研究所さまのマーケティングオートメーション「Kairos3」導入事例を公開しました

マーケティングオートメーション(以下、MAツール)「Kairos3」を提供するカイロスマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐宗 大介、以下「カイロスマーケティング」)は、株式会社トマス技術研究所さま(本社:沖縄県うるま市、代表取締役社長:福富 健仁、以下「トマス技術研究所」)の「Kairos3」導入事例を公開したことをお知らせします。

トマス技術研究所は、離島で利用できる超低公害焼却炉の開発・販売をおこなっています。新型コロナウイルスの影響で、海外への販売ができなくなり、国内への販売に切り替えました。人との接触を避けるためにWebを活用した営業活動をスタートし、その一環で「Kairos3」を導入いただきました。

「Kairos3」のスコアレポートを活用し優先順位をつけて営業活動をおこない、業績回復をされた事例をご紹介します。

株式会社トマス技術研究所さま 導入事例

「コロナ禍で海外との取引が減少。初めてのWebマーケティングに取り組み、国内マーケットだけでV字回復」

https://www.kairosmarketing.net/marketing-automation/showcase/thomasgk

株式会社トマス技術研究所さまの写真

Kairos3」について

「Kairos3」は、マーケティングオートメーションとSFA一体型のクラウド型サービスです。見込み客の獲得から顧客の購買プロセスに適切なマーケティング・営業活動を展開できます。マーケティングと営業の連携を強くし、ビジネス機会の最大化を実現します。