株式会社南日本情報処理センターさまのマーケティングオートメーション「Kairos3」導入事例を公開しました

マーケティングオートメーション(以下、MAツール)「Kairos3」を提供するカイロスマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐宗 大介、以下「カイロスマーケティング」)は、株式会社南日本情報処理センターさま(本社:鹿児島県鹿児島市、代表取締役:中村 洋、以下「南日本情報処理センター」)の「Kairos3」導入事例を公開したことをお知らせします。

南日本情報処理センターは、自治体や民間企業に対して、農畜産・水産業や医療・福祉など幅広い分野でのシステム構築や開発をおこなっています。本社のある鹿児島県内や近隣の宮崎県以外のお客さまの開拓や展示会出展後の継続的な営業活動、新サービスの情報を発信する手段として、「Kairos3」を導入いただきました。

本導入事例では、営業活動は変えずにメルマガやセミナーに取り組み始めたお話を伺いました。

株式会社南日本情報処理センターさま 導入事例

「『MAってなに?』からはじめたマーケティング。
お問い合わせが100件以上増え、社内の文化が変わってきた。」

https://www.kairosmarketing.net/marketing-automation/showcase/kk-mic

株式会社南日本情報処理センターさまの写真

マーケティングオートメーション「Kairos3」について

「Kairos3」は、見込み客リストから商談を創出し受注アップに貢献する、マーケティング・営業支援ツールです。営業担当者がいますぐアプローチすべきお客さまを抽出することができます。「Kairos3」はマーケティングと営業の連携を強くし、ムダがなく生産性の高い営業活動を実現します。