『読売新聞』 にマーケティングオートメーション「Kairos3」が掲載されました

マーケティングオートメーション(以下、MA)「Kairos3」を提供するカイロスマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐宗 大介、以下「カイロスマーケティング」)は、2021年5月19日発行の読売新聞 関西版の朝刊にて、MAツール「Kairos3」が掲載されたことをお知らせいたします。

コロナ禍での中小企業でのデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みとして、「Kairos3」を活用し、過去に名刺交換した企業から受注を獲得したお客さまの事例を紹介いただいています。

▼読売新聞(2021年5月19日朝刊)さまの写真

マーケティングオートメーション「Kairos3」について

「Kairos3」は、見込み客リストから商談を創出し受注アップに貢献する、マーケティング・営業支援ツールです。営業担当者がいますぐアプローチすべきお客さまを抽出することができます。「Kairos3」はマーケティングと営業の連携を強くし、ムダがなく生産性の高い営業活動を実現します。