株式会社キャンバスさまのマーケティングオートメーション「Kairos3」導入事例を公開しました

マーケティングオートメーション(以下、MA)「Kairos3」を提供するカイロスマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐宗 大介、以下「カイロスマーケティング」)は、株式会社キャンバス(本社:富山県富山市、代表取締役:山本 博士、以下「キャンバス」)の「Kairos3」導入事例を公開したことをお知らせします。

キャンバスは、Web制作やデジタルコンサルティング、DX推進などのデジタルサービスを展開しています。広告費をかけ新規見込み客を獲得していましたが、獲得後の見込み客の反応を確認することができず購買意欲の高い見込み客への営業機会を逃していました。MAツールを活用すると見込み客のWeb閲覧履歴から反応が高い見込み客を把握できるため、MAツールの導入を検討されました。

一度オンラインでデモを見ただけで、顧客管理や反応の高い見込み客の抽出、メール配信の操作がわかりやすいと確認できたため「Kairos3」を選定いただきました。

本導入事例では、「Kairos3」導入前と比較し商談化率37%アップを実現した、マーケティングと営業の取り組みをご紹介しています。

株式会社キャンバスさま 導入事例

「興味関心の高い見込み客へのアプローチが可能になり、商談化率が37%アップ」

https://www.kairosmarketing.net/marketing-automation/showcase/canvas-works

株式会社キャンバスさまの写真

マーケティングオートメーション「Kairos3」について

「Kairos3」は、見込み客リストから商談を創出し受注アップに貢献する、マーケティング・営業支援ツールです。営業担当者がいますぐアプローチすべきお客さまを抽出することができます。「Kairos3」はマーケティングと営業の連携を強くし、ムダがなく生産性の高い営業活動を実現します。