松谷化学工業株式会社さまのマーケティングオートメーション「Kairos3」導入事例を公開しました

マーケティングオートメーション(以下、MA)「Kairos3」を提供するカイロスマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐宗 大介、以下「カイロスマーケティング」)は、松谷化学工業株式会社(本社:兵庫県伊丹市、代表取締役:松谷 晴世、以下「松谷化学工業」)の「Kairos3」導入事例を公開したことをお知らせします。

松谷化学工業は、でん粉加工のパイオニアとして、でん粉素材、食物繊維等の製造・販売をおこなう食品原材料メーカーです。コロナ禍で客先訪問や展示会がなくなりお客さまへ提案する機会が激減する中で、お客さまとコミュニケーションを維持する施策をおこなうためにMAツールの導入を検討されました。

すぐにウェビナーの立ち上げができるわかりやすい操作性と、親身になって対応するサポートが決め手となり「Kairos3」を選定いただきました。

本導入事例では、「Kairos3」導入1ヶ月でウェビナーを開催され、ウェビナーから商談化、成約のプロセスを回せるようになった事例をご紹介しています。

松谷化学工業株式会社さま 導入事例

「食品原材料メーカーにおける営業のデジタル化。導入1ヶ月でウェビナーの立ち上げを一人で実現」

https://www.kairosmarketing.net/marketing-automation/showcase/matsutani

松谷化学工業株式会社さまの写真

マーケティングオートメーション「Kairos3」について

「Kairos3」は、見込み客リストから商談を創出し受注アップに貢献する、マーケティング・営業支援ツールです。営業担当者がいますぐアプローチすべきお客さまを抽出することができます。「Kairos3」はマーケティングと営業の連携を強くし、ムダがなく生産性の高い営業活動を実現します。