株式会社君津住宅さまのマーケティングオートメーション「Kairos3」導入事例を公開しました

マーケティングオートメーション(以下、MA)「Kairos3」を提供するカイロスマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐宗 大介、以下「カイロスマーケティング」)は、株式会社君津住宅(本社:千葉県君津市、代表取締役:豊藏 一幸、以下「君津住宅」)の「Kairos3」導入事例を公開したことをお知らせします。

君津住宅は、注文住宅や分譲住宅、不動産、リフォームなどのサービスを提供しています。営業の活動状況をリアルタイムに把握し売上予測や改善策の検討にいかすために、営業支援ツールSFAの導入を検討されました。

SFAの機能だけでなく、MAでメール配信やお客さまのWebサイト閲覧状況の計測ができ、不動産業界で活用事例がある「Kairos3」を選定いただきました。

本導入事例では、SFAを活用することで営業活動の状況をいつでも確認できるようになり、MAを活用することでお客さまのWeb行動を参考にして、お客さまに適した営業提案ができるようになった事例をご紹介しています。

株式会社君津住宅さま 導入事例

「MAとSFAの併用で、お客さまの反応と社員の活躍が「見える化」され、モチベーションアップ」

https://www.kairosmarketing.net/marketing-automation/showcase/kimijyu

株式会社君津住宅さまの写真

マーケティングオートメーション「Kairos3」について

「Kairos3」は、見込み客リストから商談を創出し受注アップに貢献する、マーケティング・営業支援ツールです。営業担当者がいますぐアプローチすべきお客さまを抽出することができます。「Kairos3」はマーケティングと営業の連携を強くし、ムダがなく生産性の高い営業活動を実現します。