株式会社マツダさまのマーケティングオートメーション「Kairos3」導入事例を公開しました

マーケティングオートメーション(以下、MAツール)「Kairos3」を提供するカイロスマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐宗 大介、以下「カイロスマーケティング」)は、株式会社マツダ(本社:静岡県富士市、代表取締役:松田 洋一、以下「マツダ」)の「Kairos3」導入事例を公開したことをお知らせします。

マツダは、薄板溶接、微細溶接を得意とし、精密板金加工事業を展開する企業です。営業活動において、近隣地域の企業からの紹介による受注だけでなく、県外や新しい分野の新規顧客を獲得していくためにMAツールの導入を検討されました。

マーケティングや一斉メールの配信が初めてでも運用できる操作性と、サポート体制が決め手となり、MAツール「Kairos3」を選定いただきました。

本導入事例では、「Kairos3」を活用してメルマガやインサイドセールスを立ち上げ、見込みのお客さまと定期的に接点を持つ仕組みをつくり、全国のお客さまから新規案件やリピート受注を獲得している事例をご紹介しています。

株式会社マツダさま 導入事例

「コロナ禍でも、問い合わせやリピート案件をいただける仕組みを構築。全国区の薄板・微細溶接企業へ」

https://www.kairosmarketing.net/marketing-automation/showcase/k-matuda

株式会社マツダさまの写真

マーケティングオートメーション「Kairos3」について

「Kairos3」は、見込み客リストから商談を創出し受注アップに貢献する、マーケティング・営業支援ツールです。営業担当者がいますぐアプローチすべきお客さまを抽出することができます。「Kairos3」はマーケティングと営業の連携を強くし、ムダがなく生産性の高い営業活動を実現します。