野村インベスター・リレーションズ株式会社さまのマーケティングオートメーション「Kairos3」導入事例を公開しました

マーケティングオートメーション(以下、MAツール)「Kairos3」を提供するカイロスマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐宗 大介、以下「カイロスマーケティング」)は、野村インベスター・リレーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:野村 学、以下「野村IR」)の「Kairos3」導入事例を公開したことをお知らせします。

野村IRは、コーポレートコミュニケーション活動を支える総合IR支援企業です。自社開発のCMS(Contents Management System)を活用して企業のコーポレートサイトの構築・運営支援をする部門にて、サービス受注数を増やす目的でMAツール「Kairos3」を導入いただきました。

サービスの販促活動としておこなうイベント運営に必要な機能(フォーム作成・顧客管理・メール配信)が揃っているだけでなく、お客さまのWebサイト閲覧履歴を記録し閲覧履歴から購買の見込みが高いお客さまを抽出する仕組みがある「Kairos3」を選定いただきました。

本導入事例では、施策に対する反応を「Kairos3」で確認することでPDCAを回しやすくなり、マーケティング経由の受注比率を7倍に増やすことができた取組みをご紹介しています。

野村インベスター・リレーションズ株式会社さま 導入事例

「ぜひ『Kairos3』を体感してほしい。他部署やお客さまにもどんどん勧めています」

https://www.kairosmarketing.net/marketing-automation/showcase/nomura-ir

野村インベスター・リレーションズ株式会社さまの写真

マーケティングオートメーション「Kairos3」について

「Kairos3」は、見込み客リストから商談を創出し受注アップに貢献する、マーケティング・営業支援ツールです。営業担当者がいますぐアプローチすべきお客さまを抽出することができます。「Kairos3」はマーケティングと営業の連携を強くし、ムダがなく生産性の高い営業活動を実現します。