マーケティングオートメーション「Kairos3」でセミナー管理機能を提供開始

カイロスマーケティング株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐宗 大介、以下「カイロスマーケティング」)は、マーケティングオートメーション「Kairos3」にてセミナーの運営業務を効率化するセミナー管理機能を追加し、本日4月17日より提供を開始します。

今回新たに追加する「セミナー管理機能」では、新規顧客開拓や既存利用者への利用促進など、あらゆるタイプのセミナーを開催する際に必要となる開催告知、参加登録フォーム、集客メール配信、申込者リストへの参加リマインド通知、出欠登録、出席者へのお礼メールの送信など、セミナー運営に必要な業務を「Kairos3」にて簡単に実施できるようになりました。

マーケティングオートメーション「Kairos3」のメール配信やスコアリングなどの機能と合わせて、セミナーの業務を効率化するだけでなく、セミナーから営業機会の創出を最大化します。

マーケティングオートメーション「Kairos3」のセミナー管理機能の特徴

1.煩雑なセミナー運営の業務をシンプルにできる

「告知」「集客」「参加者管理」「リマインド通知」「出欠登録」「開催後フォロー」というセミナー運営の煩雑な業務プロセスを「Kairos3」上で確実かつ簡単に実施できるようになります。

2.セミナー運営のミスを減らして確実な運用を実現

セミナーの集客・登録の情報を包括的に管理するため、作業や引き継ぎのもれを防ぎます。出席者リストをExcelで管理する必要はありません。個人情報漏洩のリスクを低減するだけでなく、運用者のミスを減らす効果があります。

3.セミナー運営業務にかかる時間を短縮し営業機会創出を最大化

Kairos3」上でマウス操作中心に出欠管理できます。出席・欠席のリストも自動作成し、フォローのためのリストも自動作成します。スコアリング機能を活用して、セミナー出席後に興味関心が高く商談につながる有望な見込み客の抽出も可能です。

今回開始した新しい機能は、当社が開催するマーケティングオートメーションセミナーにおいて、デモンストレーションにてご紹介いたします。

セミナー一覧はこちら

マーケティングオートメーション「Kairos3」について

「Kairos3」は、見込み客リストから商談を創出し受注アップに貢献する、マーケティング・営業支援ツールです。営業担当者がいますぐアプローチすべきお客さまを抽出することができます。「Kairos3」はマーケティングと営業の連携を強くし、ムダがなく生産性の高い営業活動を実現します。